AGAは発症の仕組みを理解して適切な改善対策を行うことが大切

男性の9割以上の薄毛の原因を占めるとされているのが男性型脱毛症、AGAです。

その特徴として生え際がM字に後退する、頭頂部が薄毛になるといったものが挙げられますが、いずれの場合も早期に改善を試みることで進行を食い止めることが可能ですので、まずはその仕組みを理解することが大切になります。

睾丸から分泌されるテストステロンという男性ホルモンが、頭皮に存在している5αリダクターゼという還元酵素と結びついてしまうと、ジヒドロテストステロンへと変質します。

このジヒドロテストステロンが、さらに毛乳頭にあるアンドロゲンレセプター内で脱毛を促進する指令を出すようになるのがAGAの発症です。

アンドロゲンレセプターが存在するのが、頭皮のうち生え際や頭頂部であることから薄毛の症状が集中的に表れます。

また、このレセプターの量は遺伝に大きく影響されているため、生まれつきAGAの発症リスクが高いかたもいますが、必ずしも遺伝の影響だけでAGAになるわけではありません。

AGAの進行を食い止めるために育毛剤を利用する際には、有効成分の働きに期待するのはジヒドロテストステロンへの変性の抑制や、5αリダクターゼとの結びつきの阻害をすることが大切になると意識することがポイントになります。

発毛剤を利用して薄毛の部位に新たな髪の毛を生えさせたい場合には、頭皮環境を整えた後に頭皮の血管を拡張させて血行を促進させ、血液や酸素、そして栄養を毛根へ滞りなく届けられるように働きかけていることが重要です。

もちろん、育毛剤や発毛剤といった外部からのケア以外にも、適度に運動をして代謝機能や血流を整えること、食事からもしっかり栄養摂取をするといった健康的な生活習慣を心がけることも必要です。

AGAの原因と仕組みを知ることで、有効成分の意味や行っている対策がどのように薄毛に働きかけているのかを理解できます。適切な改善を行っていくためにも、知識を得ることはとても大切です。