少しでも有利に転職する為のタイミングは?

転職のタイミングを考える
転職希望者は、どんなタイミングで転職をするかで悩んでいる人も多いでしょう。せっかく転職活動をするなら、人材価値が高く評価されるタイミングですることをお勧めします。

例えば資格取得の為に勉強をしている人なら、資格取得後に転職するのがベストです。転職市場においてはIT系でのベンダー資格、外資系はTOEIC(R)、会計事務所なら会計士補以上といった業界で評価される資格があります。

ですが社会から評価されている資格程難易度が高いので、取得までに時間がかかります。退職後に失業手当をもらいながら勉強をしようと考えていると、仕事のブランクができて逆に不利になるケースもあります。

だから資格取得の為に退職をするのはNGで、仕事を続けながら資格を取ってから転職するようにしましょう。

出産と転職のタイミング

結婚して出産を考えている場合は、転職は出産前にした方がいいのか出産後がいいのか悩んでいる女性も多いと言えます。

ただ転職後1年は育休は取ることが出来ないので、その点は理解しておきましょう。ただ現実問題として出産後に転職をする場合はいろいろ制約が増えるので、出来れば転職してから1年以上経過してから出産することをお勧めします。

出産を考えて、子育てをしながらでも働きやすい会社を選び環境を整えておくことが賢い選択ということが出来ます。

大手企業の転職のタイミング

求人というのは多い時期と少ない時期というのがあるので、人の動きが多い時期に転職すると沢山の求人の中から仕事を選ぶことが出来ます。

そして人の動きが多い時期というのは日本では人事異動が多い4月、10月前後、さらに賞与を貰ってから退職する人も少なくないので、その穴埋めの為に1月、7月前後は求人が増加する時期と言えるでしょう。

だから大手企業に転職したい場合は、このタイミングに合わせて転職活動をすることをお勧めします。

ただ中小企業やベンチャー企業、外資系企業の場合は通年採用が多いので、時期的なタイミングはさほど計る必要はないと言えます。

だから大手企業以外は転職は自分のタイミングでするのがベストです。